行政書士,試験,仕事,勉強,予備校

行政書士の試験
行政書士の試験って勉強がかなり必要です。予備校でも独学でも絶対量は変わりませんよ。
  • HOME >
  • 行政書士と司法書士の違い

行政書士と司法書士の違い

行政書士と司法書士の違いを簡単に言うと、行政書士(受験者は年々増加傾向にあり、試験問題も難しくなっているそうです)は市役所などに提出する書類を作成する仕事、司法書士は法務局などに提出する書類を作成する仕事です。

行政書士というのは、基本的に市役所などに提出する書類を作成します。

例えば、遺言や相続、示談書などです。

これらは、もし裁判になった際に、有効な書類になります。

ほかにも、風俗営業などの営業許可や、外国人のビザの申請なども、行政書士(受験者は年々増加傾向にあり、試験問題も難しくなっているそうです)が行います。

これは、行政書士の独占業務であるため、司法書士は行うことができません。

続いて、司法書士ですが、法務局などに提出する書類を作成します。

例えば、不動産関係であったり、登記などですね。

また、自己破産(衣服、パソコン、テレビなどの生活に最低限必要だと思われる家財の所有は許されます)や債務整理などの仕事も行うことができ、これは司法書士の独占業務となります。

よって、これは行政書士(昭和初期以前は、「行政代書人」という資格だったのだとか)には行うことができない業務なのです。

行政書士と司法書士って、名前も似ていますし、できる仕事が重なる場合もあります。

しかし、それぞれに独占業務があり、似ている点もありますが、全く畭なる仕事なのですね。

関連記事はコチラ