行政書士,試験,仕事,勉強,予備校

行政書士の試験
行政書士の試験って勉強がかなり必要です。予備校でも独学でも絶対量は変わりませんよ。

行政書士の仕事

行政書士の仕事ってどんなことをするのかというと、顧客から依頼された官公署に提出する書類を作成して提出するというのが主な業務になります。

どのような書類なのかもう少し詳しく説明すると、相続関係や自動車関係、権利業務、営業許認可、離婚(日本では協?離婚が認められていますが、国によっては離婚できないこともあります)、事実証明に関する書類などですね。

これらの書類の作成は、何れも自分で行うことができるものですが、どのようにすればいいのか分からなかったりしますよね?

全くの素人だと、わからなくて当然です。

そのような場合に、行政書士にお願いすると、代理で書類を作成したり、提出してくれます。

また、自分で書類の作成ができるとしても、それをしている時間がない場合には、行政書士に依頼すれば早く済むので時間の短縮になるでしょう。

行政書士の仕事の範囲は非常に広範で、規定が曖昧です。

行政書士には、かつて放送された人気(アイドルグループなどは、ファンではない人からみると、どこがいいのかと首をかしげたくなることもあったりしますね)ドラマの影響などもあり、弁護士や司法書士よりも身近で日常的な法律に関する相談にのって、問題を解決する手助けをするといったイメージもあるんです。

行政書士の中には積極的に法律相談にのったり、企業に対するコンサルティング的な業務を行っている人もいますから、その?象もあながち間違いではないのかもしれません。

関連記事はコチラ