行政書士,試験,仕事,勉強,予備校

行政書士の試験
行政書士の試験って勉強がかなり必要です。予備校でも独学でも絶対量は変わりませんよ。
  • HOME >
  • 行政書士試験の勉強法

行政書士試験の勉強法

行政書士試験の勉強法を紹介します。

・勉強時間を必ず作る

・民法を理解する

・民法以外の分野も攻略する

行政書士(昭和初期以前は、「行政代書人」という資格だったのだとか)試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)を受けようと思っている人には、比較的時間が自由になりやすい学生だけでなく、仕事をしている人や主婦(人気雑誌「Mart」にちなんだMart主婦なんていう言葉もあるみたいですね)など、様々な人がいますよね。

会社員や主婦の人だと、なかなか勉強する時間を取れないこともあるでしょう。

しかし、それでも、一日に必ず一度は、勉強する時間を作るようにしましょう。

それを習慣付け、その時間は集中力(個人差はあるものの、人間が集中できる時間は15分から30分くらいだといわれています)をUPさせて、勉強することが重要になってくるでしょう。

また、行政書士試験の大半が民法の問題ですから、民法をしっかり勉強(きちんと睡眠をとらないと効率が落ちるんだとか)しなくては試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)合格はありえません。

民法はただ単に暗記すればいいというものではなく、理解する必要があります。

民法が理解できていれば、どんな問題が出題されても答えることができますから、暗記(得意な人は得意、不得意な人は不得意だといわれていますね)ではなく理解するようにしてください。

それに、民法以外の分野の問題も、行政書士試験では出題されます。

民法だけ勉強しても、その他の分野がダメだったら、試験に合格できません。

民法以外の分野は限られていらっしゃるので、きちんと調べて、効率良く勉強するようにしましょう。

関連記事はコチラ