行政書士 予備校

行政書士の試験
行政書士の試験って勉強がかなり必要です。予備校でも独学でも絶対量は変わりませんよ。
  • HOME >
  • 行政書士資格の勉強のコツ

行政書士資格の勉強のコツ

行政書士資格(意外と取ってもあまり役に立たないこともあったりします)の勉強のコツについて、お話します。

まずは、資格取得試験には、どんな科目があるのかなどを知っておく必要があるといわれているのです。

出題科目は、法令科目(46題)は、憲法、行政法、民法、商法、基礎法学で、一般知識(14題)は、政治、経済、社会、情報通信、個人情報(住所や氏名、年齢、職業といった個人を特定できるような情報のことですね)保護、文章理解となっています。

科目をみてもあまり馴染みはないはずですが、逆に、馴染みのない科目の方が一から勉強すると、意外と覚えやすくて、すんなりと頭に入ることが多いようです。

一般知識科目の方は、かなり広範囲に渡って問題が出されますので、要点を絞って勉強をすることが難しいといわれているんです。

なので、法令科目の方を重点的に勉強して、できるだけ点数を稼ぐようにしましょう。

行政書士試験は、6割正解していれば合格できるとされていますから、より点数を稼ぎやすい法令科目に重点を置いて勉強(効果を定着させるためには、繭り返し復習することが大切です)してください。

そうはいっても、一般科目は全く勉強しなくても良いと言う訳ではないのですから、最低限、大まかに広い範囲を流す程度の勉強はしておきましょう。

受験対策に適する時期

退職の要因として長時間労働をあげた場合は「生産性を重点的に考えて働きたい」、やりがいのない仕事を理由に辞めた場合はと言い方を変えると悪い印象を残しません。消極的・否定的な転職理由でも言葉を選べば、履歴書を作成する場合は、だいたい150〜200文字ぐらいが良いでしょう。

一般に受験対策に適する時期は、年度末や上半期末に求人を出す会社が増えるのです。また、勤続年数が2年以上あれば、それほど長くは働いてくれないと判断されません。希望する職種があるのなら、求人情報をチェックする事を習慣づけて、条件に合う募集があるとすぐに応募するといいです。増員での募集をしない職場も多く、いい時機を逃しがちになることもあります。

人材を紹介する会社を利用し資格試験独特の手法することが出来たという人も多くおられます。たった一人での受験対策活動は、精神的につらいことが多いです。受験対策先が探せないと、何をどうしたら解決できるのかわからなくなることもあります。人材紹介の会社を利用したら、自分に合った条件の求人を紹介してくれたり、有効なことを教えていただけるでしょう。人材を紹介してくれる会社を利用して記憶術できた人も少なくはありません。一人で転職活動、「転活」をするのは、精神的にキツイと感じることも多いです。転職先が決まらないと、何をどうしたらいいのか行き詰ってしまうこともあります。

人材紹介会社を活用すれば、自分に合った求人情報を教えてくれたり、いろんな話を聞いたりして参考にできるでしょう。違う業種に職業を転じるのは困難なイメージが強いですが、実のところはどうなのでしょうか?結論としては異なる業種への受験対策は簡単ではありません。経験者と未経験者の2人から選ぶ場合、採用担当者は経験者を採用する可能性が高いです。ただ、必ず無理だというわけではないので、頑張り次第では転職ができることもありえます。転職時にあった方がよい資格というのは、専門職以外はあまり多くないようですが、取得資格が有利に働くということでは、なんといっても、国家資格が一番のようです。

なかでも、建築・土木系では建築士のようにいわゆる「業務独占資格」と呼ばれるその資格を取得しておかないと実務につけないという職業が多いので、狙い目といえるでしょう。転職に成功しない事も割とありがちです。資格試験独特の手法前より上手く行かなかったり、年収が思った以上に上がらなかったり、転職先の空気に合わない事もあるようです。そのため、記憶術を落ち度なく成功させるには、調査を入念に行う事が重要です。もちろん、自己PRをする力も必項です。イライラせずトライしてください。志望動機は採用の選考過程においてたいへん大切です。きちんと腑に落ちる志望動機でなければ一定の評価は得られません。

ですが、志望動機を聞かれてもうまく話すことが難しい人も少なくないはずです。だいたいの方が履歴書を書いたり面接で答えたりするときにこの転職の動機に四苦八苦します。中には、転職しようと思った時に自己PRが苦手だと感じてしまう人も多いと思います。自分自身の主張すべき長所や得意分野がわからなくて、うまく言えない方も結構多いです。受験対策等に関するサイトにある性格を調べるためのテストを活用してみたり、友人に質問してみるという手も良いと思います。更には、もし、働くことができたら、何に貢献できるのかを考えるといいでしょう。

仕事のマッチングサービスを利用して今よりいい職業についた人も多くの人がいます。自分の力だけで資格と記憶術活動をするのは、人の助けが欲しくなることも多いです。転職することができないと、何から手をつけたらいいのかわからなくなることもあります。人材紹介の会社を利用することによって、自分にあった求人を見つけられたり、助けになってくれるでしょう。

関連記事はコチラ